四柱推命「学」のホントのところ

従来の四柱推命にはなかった新視点の解説!「四柱推命コラム」

格局に触れている推命はまとも~しかし、格局はいらない/四柱推命学のホントのところ

以下の説明を読み、すんなりと理解していただけるのは、私の講義に出席された方と新刊『サクサクわかる四柱推命の本』の読者だけでしょうが、現状ではまだ少部数しか世の中に流通していませんので、読者の対象が少ないことを承知の上で、あえて、こうした形で情報を発信することにしました。

格局は名著『滴天髓』でも採用されている

四柱推命を学びたいと思い立ち、ネットで情報を検索し本を探すことになることでしょう。アマゾンにも書店にもかなりの本が並んでいます。どれがいいのか判断の基準はないことでしょう。

書店に並んでいる本の9割がたに、天徳貴人とか咸池などの「神殺」と言われるものが掲載されています。これらは700年前の『滴天髓』で全否定されているものですから、読んでも時間の無駄になります。

ちょっとまともな本では、「格局」に触れているものがあります。格局は『滴天髓』でも採用されていますので、その推命の本はかなりまともであろうと判断できます。

自身、推命を学び始めた頃は、現在とほぼ同様の環境でしたが、本屋で内容を見て、格局を扱っている本をてにしました。当時は現在のように判断の基準は何もなかったのですが、文章や構成から、「まともな本のようだ」と思ったのでしょう。

格局にはさまざまな問題が存在している

さて、それから数十年。現在では格局もいらないと考えています。それはひと通り格局に関することを学んだ結果、たどり着いた考えです。

ほかのところでも述べていますが、格局に対する論義は膨大です。すべてを身につけるには何年もかかります。そして、その全体を俯瞰できるようになりますと、さまざまな問題があることに気がつくのです。

そして現在は、「格局は不用」という結論に至っているのです。

どうして格局は不用をいう結論に至ったのかは、「サクサクわかる四柱推命の本」に解説してあります。格局という方法は、それなりに優れた理論と言えますが、多くの問題を内包しています。その問題の解決を目指した結果、「格局は不用」という皮肉な結論に至ったのです。


詳しくは、『サクサクわかる 四柱推命の本』を参照してください。

★無料アプリ/PC、スマホ、タブレットで四柱八字を自動計算表示

★紙の本/★新刊『基礎から最高峰を目指す四柱推命の本』
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/中国古典の名著『滴天髓 通神論』
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/人事・採用にすぐ役立つ 「四柱推命の活用法」new
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

since 2014・12・16

『サクサクわかる 四柱推命の本』

中国古典/四柱推命の名著『滴天髓』通神論

人事・採用にすぐ役立つ『四柱推命の活用法』

サクサクわかる 四柱推命の本準拠『干支一二〇年暦』

『サクサクわかる 四柱推命の本』

増補改訂版 偶然と必然を科学する 四柱推命学入門

偶然と必然を科学する 四柱推命学入門

命運を推す