四柱推命「学」のホントのところ

従来の四柱推命にはなかった新視点の解説!「四柱推命コラム」

天徳貴人、月徳貴人、桃花殺など700年も前に全否定されている

以下の説明を読み、すんなりと理解していただけるのは、私の講義に出席された方と新刊『サクサクわかる四柱推命の本』の読者だけでしょうが、現状ではまだ少部数しか世の中に流通していませんので、読者の対象が少ないことを承知の上で、あえて、こうした形で情報を発信することにしました。

「神殺不用」が四柱推命の正しいあり方

天徳貴人、月徳貴人、桃花殺などを総称して「神殺」と言います。神殺はいくつくらいあるのかと言いますと、100はくだらないくらいあります。

次に、『淵海子平』に挙げられているものをいくつか拾ってみますと、
天徳貴人、太極貴人、天官貴人、三奇貴人、月徳合、月徳貴人、三元、駅馬、華蓋、金与禄、空亡、羊刃などです。

そのほか、桃花殺、小児関殺、魁ごう、紅艶、天掃など、現在も書店に並んでいる推命の書籍やネットで見かけます。

中国の古典にもこうした神殺が掲載されているものがあり、日本ではそれを採用している推命が、9割程度存在します。

一方、中国の古典には神殺を全否定している書もあります。その代表が名著『滴天髄』です。この『滴天髄』の流れを組む推命は、当然のように神殺は一切採用していません。

そもそも神殺は陰陽五行論から逸脱しているだけではなく、事象の見方のパターン化でしかないのです。1000年ほどの推命発展の歴史の過程で、多くの人により事象を知るためにパターン化が繰り返され、それが積もり積もって、100を越えるほどの神殺が伝承されているものと考えられるのです。

「神殺不用」が四柱推命の正しいあり方であると、700年前から『滴天髄』は警鐘を鳴らしているのですが、日本の四柱推命の大勢はそれとはまったく外れたところにあるのです。


詳しくは、『サクサクわかる 四柱推命の本』を参照してください。

★無料アプリ/PC、スマホ、タブレットで四柱八字を自動計算表示

★紙の本/★新刊『基礎から最高峰を目指す四柱推命の本』
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/中国古典の名著『滴天髓 通神論』
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

★紙の本/人事・採用にすぐ役立つ 「四柱推命の活用法」new
 ※大阪・心斎橋「中尾書店」、東京・神保町「原書房」にて入手可能

since 2014・11・20

『サクサクわかる 四柱推命の本』

中国古典/四柱推命の名著『滴天髓』通神論

人事・採用にすぐ役立つ『四柱推命の活用法』

サクサクわかる 四柱推命の本準拠『干支一二〇年暦』

『サクサクわかる 四柱推命の本』

増補改訂版 偶然と必然を科学する 四柱推命学入門

偶然と必然を科学する 四柱推命学入門

命運を推す